コーヒーが大好きで常飲している方は多いですね。

目覚めのモーニングコーヒーとして、ブレイクタイプに1杯、
ティータイムに1杯と、1日に数杯飲んでいる人も珍しくないと思います。

飲み物として大定番のコーヒーですが、
このコーヒーが口臭に与える影響は実際あるのでしょうか?

コーヒーに含まれているカフェインの効能と弊害


まず、コーヒーにはカフェインという物質が含まれています。
カフェインには覚醒作用がありますので
朝にコーヒーを飲むのもこの眠気を覚ます効果を
期待して飲むという方も多いと思います。

眠い時、体がだるい時、しゃきっと仕事をするために
コーヒーは欠かせないという人も多いでしょう。

カフェインの良く知られている他の作用としては
利尿作用があげられるかと思います。

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは、
カフェインの効果によるものです。

この2点は基本的にコーヒー、カフェインの効果として
良く知られている点かと思いますが、
カフェインには他に問題もあります。

口臭と関連した部分でのカフェインの弊害というと、
カフェインには唾液を抑制する作用があること、をあげられます。

口臭を防止する上で唾液の分泌が大変重要なことは
再三お伝えしている通りです。

そのため、この唾液を抑制してしまう可能性のあるカフェインを
たくさん摂取することは口臭悪化に繋がる可能性があるのです。


また、カフェインには胃酸を過多に分泌させる効果もあります。
空腹でコーヒーを飲むと胃が痛くなったりするのは、この胃酸を分泌させる
働きによるものです。

さらに、コーヒーは口内環境を酸化させる作用もありますので、
これも口臭を発生させる一要因になっています。

特に舌の表面にコーヒーの成分が付着することによって、
コーヒー独特の嫌な臭いが発生するようになります。

コーヒーの臭いを解消するには??


コーヒーの臭いが気になる場合には、コーヒーを飲むのを
控えるのが一番良いのは間違いないのですが、
やはり眠気覚ましとしてどうしても飲みたい、コーヒーが好き、
という場合もあるかと思います。

コーヒーによって発生する口臭を防止するポイントは
舌に付着したコーヒー成分を除去すること
、です。

基本的に舌苔が全く付着していない人はそこまで影響無いのですが、
一般的な人は個人差はあるものの舌苔が付着していますので、
そこにコーヒーが付着しやすいのです。

うがいだけでもある程度は取れますが、
ティッシュか何かでそっと拭うとコーヒーの臭いをより取り除くことが出来ますので、舌を何かで軽くぬぐうことをお勧め致します。