なたまめ茶は口臭予防に特に良いと言われているお茶です。

まず、ナタマメをご存じでしょうか?
鉈豆と漢字では書きますが、熱帯地方(アジアかアフリカ)が原産と言われていて
日本には江戸時代辺りに中国より伝わってきています。

実が非常に大きくて30センチ以上にもなります。

mame

たなまめ自体、食用でも食べられていますが、
近年はこのなたまめ茶の方が有名だと思います。

実際に私も愛飲しておりました。

ナタマメ茶自体にはカフェインが含まれていないことが
私にとっては大きかったです。

もちろん、口臭に良いと言われていたので興味があった、
ということもありますが。

ナタマメ茶は膿を排出する効果があり、歯茎を健康にすると言われているため
歯槽膿漏等にも良いとされており口臭予防に役立ちます。

また、蓄膿症にも効果的とされていますからこちらも口臭対策になります。

さらには、血行促進や免疫力の向上等の様々な効果がある、
とされています。

いや、これだけ見たら口臭予防、口臭治療に凄く効果がありそうで
いいこと尽くめに感じますね。

ただし、残念ですがそれらの効果を期待して飲む程のものでは無いかもしれない、
ということをまず始めにお伝えしておきます。

歯槽膿漏や蓄膿症、つまり慢性副鼻腔炎は大変強い病気です。
特に蓄膿症は抗生物質を何度投与しても改善しないような病気ですから
なたまめ茶を飲んだくらいで改善する、と期待する方が無理があります。

結果としてそれらの病気で口臭が発生している場合には、
口臭治療効果は期待出来ないと考えた方が良いと思います。

こちらの商品もいつもの例と同じく始めは効果あったけど効かなくなったという相談は
たくさん受けているからです。

口臭予防という観点からよりもノンカフェインであること、そして健康にはとても良いお茶であること、
歯茎を健康に保つ効果は確かにあること、
以上の点からお勧めしている次第です。

常飲するお茶をナタマメ茶に変えることはとても良いと私は考えています。
それではお勧めのなたまめ茶はどれなのか??

まず、ナタマメ茶は大変売れ筋商品のようでアフィリエイト広告も盛んです。
1袋辺り2000円~3000円程度しますので大変高価でもあります。

それらの点を考慮致しまして特定のメーカーを挙げることは
ここでは控えさせて頂きます。

ポイントは中国産なのか日本産なのか、になります。
中国産のなたまめ茶は非常に安価なのですが、あまりお勧め出来ません。

ナタマメはその品種にもよりますが強い毒性がありますから、
しっかりとした生産過程と製造過程が整っている品質の保証された
ものを飲んだ方が良いと思うからです。

製造が日本でも原材料が中国産なのは控えた方が良いです。

そちらの方が安いのは間違いないのですが、
何よりも健康のために飲むのに品質に疑問があっては本末転倒です。

実際にはそこまで味に大きな違いは無いので、どうしても安い方が良い、
という場合には中国産でも良いかもしれません。

ちなみにナタマメ茶の味は大豆茶のような感じで、
癖の無い飲みやすい味です。

冷やしてもイケますし、熱いお茶にしても良いです。
ほとんどの方は大変美味しく飲めると思います。

ただ、先ほども言いましたが出来れば
原材料、製造元、いずれも日本の製品を選んで下さいね。

そして、口臭予防くらいは期待しても良いと思いますが
口臭治療、口臭を劇的に改善する効果は期待出来ない
と思います。

ただ、口臭に一番効果のあるお茶を1つ選べと言われたら
私は迷わずナタマメ茶を選びます。

それでも口臭を劇的に改善するまでの効果は見込めない、
ということです。

つまり、お茶1つで改善するくらいの口臭なら誰も悩まないし苦労しない!
と言えます。

ただ、このような1つ1つの努力が積み重なって大きな実りとなりますので、
口臭改善に役立つことで出来ることから少しずつ始めていきましょう。