私は10年間以上、口臭改善のブログ、マニュアルを運営していて
とても気になったことがあります。

それは、あまりにも医者、病院を信用しすぎている人が多すぎる
ということです。
口臭の原因をとにもかくにも病院で探そうとするみたいです。
結論から言いますと、あなたの口臭を正確に診断出来る病院はありません。
世の中広いので全く無いとは言い切りませんが可能性はかなり低いと思って下さい。

口臭の原因として大きく分けると
口内、鼻、喉等の問題、
そして内臓を中心とする体内の問題、

の2つに分かれています。

それを承知している方も多くて、口臭に悩んだ場合に
まずは、歯医者と耳鼻咽喉科、そして内科に行くケースが多いようです。

そして、よく頂くご相談は
歯医者、耳鼻科、内科に行ったけど問題なし、とのことでした。
口臭の原因が分かりません。どうすればいいでしょうか?

というご相談です。

私はマニュアルでもブログでも
病院に通っても口臭の原因が判明しないことは多い
ということは何度も説明しております。

しかし、それでも病院に頼ってしまう、ということは
一般的な方は余程病院を信頼しているのだな、と感じるのです。

もちろん、外科的な疾患とかウィルス型の疾患(インフルエンザとか)等、
病院の治療が非常に有効な疾患というものは多数あります。

しかし、口臭の場合は全くの別と考えましょう。

病院で何かしらの疾患、数値の異常等によって
口臭が引き起こされている場合、それは大病を患っている可能性が高い
と思います。
それこそ、癌であったり肝臓や腎臓の疾患であったりかなりの重病である可能性があるのです。

口臭で悩んでいるケースの99%異常はそのような大病を患っていることは無いので、
病院では全くの異常なしと診断されることが多いのです。
そして、口臭の原因が分からなくて途方にくれる、という訳です。

例で言いますと、慢性的な腰痛や肩こりが分かりやすいと思います。
ヘルニア等と違い、慢性腰痛、肩こり等は医学的には
大きな問題はないと診断されることが多いです。

痛む部分はその周辺の筋肉の血が鬱血して痛みが出ているのですが、
その原因はよく分からないことが多く解決策も基本的に無しとされます。
血の鬱血程度ではレントゲンやCTスキャンには何も異常が写りませんからね。

そのため、軽くマッサージをして外科的な異常は無し、と診断されます。
しかし、実際には肩こりは解消されていない訳で辛い痛みと
付き合っていかなければいけません。

大抵の場合は病院で診断出来ないのだからもうどうしようもない、
と諦めてしまい途方に暮れてしまうのです。
しかし、それは非常に勿体無いことですし早計な考えです。

腰痛や肩こりは本来、自分の体の使い方、生活の歪みから発生しており、
その原因を究明して自分の体の癖、生活の癖から省みることで改善の糸口となります。
病院では原因が特定出来なくても、痛みという問題がある以上、必ずどこかに問題があるし、
解決策もあると考えて下さい。

口臭に関しても同様で西洋医学的には問題が出ていなくても、
例えば胃腸の調子が悪い、内臓が弱っているというケースは考えられる訳です。

胃腸の調子が悪いというと曖昧なので分かりにくいかもしれませんが、
例えば、リーキーガット症候群であったり最新の西洋医学でようやく判明するような
疾患を考えてもらえると分かりやすいかもしれません。

また、数件の耳鼻科で問題なしとされていたけれど、
実は非常に発見が難しい慢性鼻炎だったという場合もあります。

上咽頭炎(鼻咽腔炎)のように炎症がほとんど目立たない疾患もあるため、
この場合は耳鼻科でも発見が非常に困難で放置される可能性が高いです。

そのようなケースから口臭に発展している可能性もあります。
このような場合、医学的には健康で何の問題も無し、でも口臭がある、
ということになってしまう訳です。

基本的に西洋医学で口臭の原因を特定することは非常に困難
とお考えください。
そして、健康診断や人間ドック、精密検査で全く異常が無いのだから
自分の口臭は生理的な口臭だ、どうしようも無いものだ、と思わないで下さい。
口臭には必ず原因があり、どんなものでも必ず解消出来るのですから。

また、自分の体のことはやはり自分が一番良く分かりますので、
体を労わって自分の体についてよく考えることが
口臭を改善する大事な1歩になります。

よく分からないよ!と言う場合には、私にお気軽にご相談下さいね。