焼き肉を食べた後やイタリアン料理、中華料理等、
ニンニクを使った食べ物は数多くあります。

実際に家庭でも良く使われる香辛料です。

スタミナが付きますし、ぜひ積極的に食べていきたい
食品ですがやはり気になるのはその臭い。

ニンニクは強烈な臭いがしますが、その臭いが食べた後まで
残ってしまうのが大きな特徴です。

生のニンニクには強烈なにおい成分が含まれていますが、
炒めたり料理として出てくる段階では非常に香ばしい臭いをしています。

しかし、一度、体内に入って時間がある程度経過すると
不快な臭いだけが残ってしまうのがなぜなのでしょうか?

大企業であるライオンの生物科学センターの研究によると
食後すぐよりも数時間後~16時間後という時間経過後に
不快な臭いが強くなるという客観的なデータも出ています。

その理由は、アリルメルカプタンという香ばしいニンニク本来の臭いは
人間の体に入ると
アイルメチルスルフィドという不快な臭いに変化してしまい、また、
その臭いは口の中だけでなく肝臓や各消化器官から発生しているから、
でした。

つまり、人間の酵素によってニンニクの臭いがさらに不快なものに
なっている、ということです。

これを避けることが出来れば、ニンニクの口臭予防になり得る訳です。

1つ大きなポイントになるのは絶対に生のニンニクを食べないこと、です。
生のにんにくは臭い成分が多いため、その分、不快なにんにく臭も強くなりますが、
熱を通してあれば臭いの元となる成分が変化して臭いが和らぎます。

また、臭い成分を他の栄養素(タンパク質等)と結び付けるために
青汁や牛乳等の飲み物を一緒に摂取することも効果的だと言われています。

生のにんにくを避けて火を通してさらに飲み物を一緒に飲んだとしても、
ニンニクの臭いを和らげる程度だと思います。

個人的には次の日にも臭いが残っている場合には、食事をして胃に何か
入れると若干、臭いが軽減するような気が致します。

いずれにしても大事な用事がある場合には、その前に
ニンニクを食べることを控える方がよいことは間違いありません。