前回までで、扁桃炎と臭い玉と口臭の関係について説明し、
その根本治療法として扁桃の摘出手術に関してお話し致しました。

扁桃の摘出手術はリスクもあり、
また口臭が必ず改善する訳ではないことから、
私はあまりお勧めしておりません。
今回はリスクもなく、もっと手軽に出来る扁桃のケアについてお話しします。

扁桃にココナッツオイル

扁桃のケアとして非常にお手軽なココナッツオイルを塗る、という方法を紹介します。
ココナッツオイルはミランダ・カーも愛用していることから一時期ブームになりました。

ダイエット効果やコレステロール値を下げる等、
様々な素晴らしい効能があると言われています。

本当に色々な効能があって、それを1つ1つあげていくとキリがないのですが、
扁桃炎を原因とする口臭に効果があるのは抗炎症作用、抗菌作用があるためです。

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸に殺菌作用があり、
黄色ブドウ球菌やアクネ菌、ウィルス等にも効果がある
とされています。

黄色ブドウ球菌は口腔内で悪さをしやすい細菌で口臭の原因になりやすく、
扁桃にもたくさん生息しています。

そのため、ココナッツオイルを使うことでこの細菌を抑制して口臭予防効果がある、というわけです。

ココナッツオイルの使い方

具体的にどのようにするかと言いますと、扁桃に直接塗ることをお勧めします。
普通にココナッツオイルを舐める、食べるだけでも多少の効果はありますが、
やはり扁桃に直接塗った方が口臭予防効果、口臭抑制効果は高くなります。

※コメント欄にてココナッツオイルで胃が痛くなった、とのご報告を頂きました。このような症状を訴える人は一定数いるもようです。

現状、ココナッツオイルを食べたのか、この記事を読んで下さって扁桃に塗ったのか分かりませんが、ココナッツオイルは日本人に馴染みがないからか胃痛や胃のむかつき等の症状が出る可能性があります。

現在、検証中ですので同じような症状を感じたことがある方はコメント下さいますと幸いです。

扁桃にココナッツオイルを塗る方法は色々ありますが、一番簡単な方法は指でそのまま塗ってしまう、という方法です。

指が油っぽくなってしまって嫌だと思われるかもしれませんが、綿棒等の道具を使って塗ろうとすると意外と難しくて上手くいきません。

指を使って塗る方法が一番簡単でお勧めです。

ココナッツオイルの入手方法

ココナッツオイルは近年、非常に人気が出てきておりスーパーでも
見かけるようになりました。

それでも、まだまだ一般のスーパーには置いていないことも多く、
入手が難しいと感じる方もいるかもしれません。

インターネットでは簡単に入手することができるのでお勧めです。
I-HERBでの入手をお勧めしております。

他にも色々まとめて購入する場合にはi-herbはお勧めですが、ココナッツオイルだけを購入する場合には送料が高くつくので、日本のアマゾンや楽天で購入してしまっても良いと思います。

ココナッツオイルの保存方法

基本的に常温保存で問題ありません。
ココナッツオイルは非常に酸化しにくいオイルですし、
常温保存でも長期間、保存が可能です。

冷蔵保存をしてしまうと、ロウソクのロウのようにカチカチに固まってしまって
非常に使いにくくなってしまいます。

夏場なら常温保存で液体になりますし、
冬でも暖かい部屋に置いておけば液体に近くなりますので問題ありません。

ココナッツオイルを使う頻度は?

ココナッツオイルでの扁桃ケアは基本的には歯磨きの後で良いと思います。
頻繁に塗っても特に問題はありませんが、習慣化させようと思ったら何かとセットにするのが良いので
そうなると歯磨きの後が一番適している
と言えます。

ココナッツオイルは純粋なオイルなので糖質は入っておらず、歯磨きの後でも虫歯のリスクが上がることもありません。
そのため、寝る前の歯磨きの後でも使用することが可能です。

塗ったココナッツオイルはそのまま放置して、飲み込んでしまって構いません。
太らないかと心配になるかもしれませんが、脂肪燃焼効果がありダイエットにも有効とされているので、
1日に数回、扁桃に塗る程度では太らないのでその点は安心して下さい。