・臭い玉(膿栓)は口臭の原因になるのか??

臭い玉は口臭の原因になりますか、というご相談を多く頂きます。
やはり臭い玉、におい玉、膿栓に悩む人は非常に多いことが伺えます。

(ちなみに膿栓が正式名称なのですが、多くの人にとって
臭い玉の方が馴染みがあるようですので、基本的には
臭い玉という言葉を使っております。)

一般的には臭い玉は余程多く溜まっていない限り、
口臭の原因にはならないと言われています。

私もその考えに以前は賛成しておりました。
しかし、あまりにも臭い玉(膿栓)に関する多くのご相談を頂くうちに、
この臭い玉は口臭の原因として大きな要因になるのでは、
と考えるに至りました。

正確に言いますと、臭い玉(膿栓)は気付かない人も含めればかなり多くの人が持っている
普通の症状なので口臭の原因にならないことがほとんどですが、
その一方でこの臭い玉(膿栓)が口臭の大きな原因になっているケースもあるということです。

それでは、実際に臭い玉が口臭の原因となっているかを
簡単にチェックする方法をお教えします。

・臭い玉(膿栓)が口臭の原因かのチェック方法

口蓋扁桃がどこにあるかは覚えていますか??
口蓋扁桃の位置
この部分です。
のどちんこ付近の両側に付いていて、
でこぼこしている部分が口蓋扁桃です。

この扁桃は喉よりも手前で指で触ることが出来ます。
この部分は慣れない内は嘔吐反射が出やすいので、それに気を付けて
そっと触ってみて下さい。

指に唾液が付着すると思います。
その臭いを嗅いでみて下さい。
この扁桃付近の唾液の臭いを嗅ぐことで臭い玉(膿栓)が出来ているか、
出来やすいかを判断することが出来ます。

扁桃の唾液が臭い場合には臭い玉(膿栓)が溜まっている、
もしくは出来やすい可能性がある、と考えられます。

⇒扁桃炎、扁桃腺炎とくさい玉(膿栓)、口臭の関係