なたまめ茶は蓄膿症を原因とする口臭に効果があるか検証

ナタマメ(鉈豆)は古くから漢方薬として使われてきており、近年でも膿を出す、健康茶として注目されています。
なた豆というくらいなので豆粒ていどかと思うかもしれませんが、ナタマメは非常に大きい豆です。


どうですか?非常に大きいですよね。
童話のジャックと豆の木のモデルとなったのがナタマメだと言われています。
これだけ大きな豆なら納得ですね。

なた豆にはウレアーゼを多く含んでいることから、腎臓にも良いとされており、腎臓病の方がなたまめ茶を愛飲していることも多いようです。

当サイトは口臭改善を目的としているサイト、ブログですので、なたまめ茶の蓄膿症や口臭改善効果のみを検証したいと思います。

蓄膿症(副鼻腔炎)は口臭と大きな関係がある

副鼻腔は大きな空洞になっており、鼻腔と繋がっています。

鼻腔と副鼻腔を繋ぐ気道は非常に狭いため、この部分が慢性的な炎症に陥ると、気道が極端に狭くなってしまい副鼻腔の換気、膿の排出が上手く行かなくなります。

上記の赤丸部分が副鼻腔と鼻腔の繋がり部位になります。かなり細くて狭いのが分かります。

この部分が炎症で塞がってしまうと、どんどん副鼻腔に膿が溜まっていくことになり、この状態が慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と呼ばれる状態です。

蓄膿症は口臭と非常に密接な関係にあります。

副鼻腔と鼻腔がしっかりと通気していて膿が適時流れていれば口臭要因にはなりません。
しかし、この通気が行われていない場合には膿が副鼻腔にたまり、その膿にどんどん細菌が繁殖していきます。

この細菌が悪臭の元となり、そのまま口臭へと繋がっていきます。

この副鼻腔に溜まった膿をいかに排出するかが蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を起因とする口臭を治療するための鍵になるということです。

なたまめ茶で副鼻腔の膿を排出することが出来れば、口臭改善、口臭予防の手助けになるということです。

・なた豆茶は絶対に国産をお勧め

なた豆茶は主に日本国産と中国産の2つあります。
価格は国産は中国産の2倍~3倍の値段になります。

それぞれのお茶を購入して実際に煮出して味とその効果をチェックしました。

結論から言うと、私は国産のなたまめ茶をお勧めします。

・中国産のなたまめ茶

今回は非常に安価であったフルーティアという通販サイトにて中国産のなたまめ茶を入手致しました。

このような袋にまとめて入っています。

煮出し方も書いてありますね。

早速煮出してみましょう。

2リットルの鍋なので、6つのなたまめ茶を投入してみました。


何というか、お茶がとても濁っています。
(コンロ周りが汚れているのは見過ごしてやって下さい。)

コップに入れて飲んでみました。

うーん。
正直に言っていいですか?
めちゃくちゃ不味いです。

何ていうのか、お湯に豆が入っている?感じでしょうか。
風味もほとんど無いですね。

不味くても蓄膿(副鼻腔炎)や口臭に効果があれば問題ないか・・・

いや、正直これは続けられないくらい不味いです。

なので、こちらのお茶は会員さんにも勧められませんでした。
(会員さんに飲んでもらう必要があるのは蓄膿(副鼻腔炎)による口臭で今現在悩んでいる人に効果をチェックしてもらう必要があるから、です。)

正直に不味い、国産とは全然違うという旨のレビューをフルーティアさんのサイトに投稿したのですが、完全に無視されています。(苦笑)

なので、レビューは絶賛しているものだけが掲載されているようです。

 

リピートです!!とか飲みやすくて何にでも合うと言っている人がいますが、マジか!!マジなのか!!と問い詰めたい気持ちすらあります。

まあ、まだ国産のなたまめ茶を紹介していないのですが、そもそも、私は今まで何度も国産のなたまめ茶を飲んだことがあるので、このなたまめ茶はおかしいとすぐに思ったわけです。

ちなみにフルーティアさん以外でも中国産のなたまめ茶はいくつか購入しましたが、品質にバラツキがあるものの、濁っていて「これ、本当にお茶なの?」と思ってしまうものばかりでした。

焙煎が雑なのか何なのか分かりませんが、中国産のなたまめ茶には注意した方がいいと個人的には思いました。

それでは早速、国産のなたまめ茶を煮出してみましょう。

・国産のなたまめ茶

国産のなたまめ茶は正直、作っているメーカーさんが非常に多いです。

当方では自然健康社のなたまめ茶、恵み茶屋のなた豆茶、なったんのなたまめっ茶等、色々なナタマメ茶を購入して飲んでいます。

正直に言いまして、どれも品質は高いです。
中国産とは比べ物になりません。

今回は自然健康社のなたまめ茶を煮出してみます。

5袋づつ小分けにされていて使いやすいです。
1パック7グラムとかなり入っているので(普通は3グラム)、お得です。
国産のなたまめ茶の中ではかなり安価で品質も良いメーカーです。

早速煮出してみましょう。

見た目がちゃんとしたお茶です!
透き通っていて、しっかりと濃い色がついている。うん、これがなたまめ茶です。笑

早速飲んでみました。

風味があって普通に美味しいです。味としては麦茶よりも癖がなくて飲みやすいですね。

豆を煮出しているので人によってはあまり好きでは無いという人もいるかもしれませんが、私の周りでは概ね好評でした。
(10人中9人は美味しいと言うくらいの割合です。)

国産のなたまめ茶で中国産のような粗悪品は1つも無かったです。

正直、国産ならばどのお茶も美味しいので価格や自分の好みで選べば良いと思います。

ということで、蓄膿(副鼻腔炎)で悩んでいる会員さんに国産の赤ナタマメ茶と白なたまめ茶を飲んでもらいました。

なたまめ茶は蓄膿(慢性副鼻腔炎)の口臭に効果があるのか?

結果から言うと、正直、微妙という結果になりました。

以下、感想です。数人分をまとめています。

・お茶としては美味しくて飲みやすい
・利尿作用があるみたいでトイレが近くなった
・ちょっと副鼻腔炎が良くなって口臭も軽減した気もするけど誤差の範囲であり、口臭に確実に効果があるとは感じない
・始めの1週間くらいは結構膿が出てきて口臭に効果を感じていたが、そのうち膿が排出されなくなってしまいほとんど効果を感じなくなった。
・口のネバネバが少し和らいだ。口臭にも少しは効果がある気がする。
・口臭とは関係ないが、持病であり尿タンパクが少し減ったのはうれしい誤算。口臭に効果があるかは分からないけれども、今後も飲み続けます。
・赤ナタマメと白ナタマメも若干の風味の違いはあるけれど、どちらも問題なく美味しい。けれども、特に効果の差は感じないです。

なたまめ茶の蓄膿からくる口臭への効果まとめ

なたまめ茶が蓄膿症(慢性副鼻腔炎)及び口臭に大きく効果がある、と感じた人は残念ながら皆無でした。

慢性的な蓄膿症(副鼻腔炎)は非常に頑固であり難治性なこともあり、膿を排出すると言われているなたまめ茶でも効果は限定的なようです。

著しい効果があれば医療に取り入れられているはずなので当然かもしれませんが。

しかし、なたまめ茶が全く効果が無いのか、というとそんなことは無くて、多少の膿排出は期待出来るため一定の効果は見込めると判断しました。
利尿作用がある、尿タンパクが少し減ったという方もいるので腎臓の健康維持も期待出来るかもしれません。

嗜好品、飲料用のお茶の一選択としては、とてもお勧め出来ます。
ただ、このなたまめ茶だけで口臭を何とか出来るかと言われると、そこまでの効果は見込めないと判断されます。

美味しく飲める健康茶として取り入れて口臭改善に過度な期待はしない、というのが良いと思います。

>口臭治療の決定版「BREATH REVOLUTION」

口臭治療の決定版「BREATH REVOLUTION」

口臭を改善させるためにあらゆることを試してきた管理人が作成した口臭改善のためのバイブル「ブレスレボリューション(ブレレボ)」

口内ケア、体内ケア、精神ケアの3点を柱として口臭を根本から改善させる画期的なノウハウです。運営から10年以上が経過しすでに1000人以上の方に試して頂いております。